総社市で、ドリトル先生物語全集をお売りいただきました。

本日、持ち込みでドリトル先生物語全集12巻をお売りいただきました。
この度は不死鳥BOOKSへお売りいただきありがとうございました。

ドリトル先生物語全集』(ドリトルせんせいものがたりぜんしゅう)は、アメリカ合衆国(米国)で
活動したイギリス出身の小説家ヒュー・ロフティング1886年 – 1947年)の児童文学作品
ドリトル先生』(Doctor Dolittle)シリーズ全12巻を日本の小説家、井伏鱒二1898年 – 1993年)が
日本語に訳した全集1961年から1962年にかけて岩波書店より出版され、現在も版が重ねられている。

岩波少年文庫では井伏側の執筆事情などから上記のような飛び飛びの翻訳が行われて来たが、各巻の
あとがきで未翻訳の巻が存在することを知った読者からは「全巻を日本語で読みたい」と言う要望が
編集部に数多く寄せられ、またこの時期が岩波少年文庫の第2期ラインナップ(全72冊)の完結に伴い
ハードカバー重視の路線へシフトする時期と重なったことから、初訳の7巻分を含めた全巻の日本語訳が
愛蔵版『ドリトル先生物語全集』全12巻として刊行されることになり、1962年(昭和37年)7月に
全巻の日本語訳が完成した。

この全集における井伏の訳は児童文学作品であることを考慮し、全編にわたって読みやすい口語の文体
を採用しており、阿川弘之が岩波書店の雑誌『図書』1961年10月号において「井伏訳の見事さ
-ドリトル先生物語について-」と題するエッセイで本訳を絶賛しているのを始め、名訳として
評価が高い[8]

なお、井伏の述懐によれば第9巻『月から帰る』は東北地方を旅行中に翻訳していたが、仙台行きの
列車内で原稿70枚分が(恐らく、札束の入った封筒と誤認されて)盗難に遭い警察へ被害届を出すと
共に『週刊新潮』の「告知版」欄で犯人に返還を呼びかけたものの見つからずじまいとなり、一から
翻訳し直すことになったとのことである[9]
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

不死鳥BOOKSでは、児童書や一般的に多く出回っていない専門書でも積極的に買い取らせて頂いております。
古書店でもありますので江戸時代などの古い和本や掛け軸や戦前の雑誌や絵葉書なども大歓迎です。
新しい現代の文庫・新書・単行本・コミック・CD・DVD・BDやゲームなどのディスク・本体や
フィギュア・プラモデル・模型などのおもちゃの取り扱いもしております。

大掃除・片付け、書斎・書庫や研究室・図書室などの大量整理の際にお気軽にお問い合わせください。
もちろん査定無料、出張費無料です!即日ご対応できる場合もございます!

人気ブログランキング・にほんブログ村に登録いたしました。よろしければバナークリックお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ




  • 総社市の古本屋「不死鳥BOOKS」について 3件のビュー
  • 総社市でナイフ専門誌、ナイフ・マガジンをお売りいただきました。 3件のビュー
  • 岡山・倉敷・総社市の学生参考書・赤本買い取ります。 3件のビュー
  • 大量の週刊ゴング・週刊プロレスを入荷しました。 3件のビュー
  • 新見市の自治体史、市町村史などの郷土史をお売りください。 3件のビュー